獣医

外国の獣医

獣医師の免許は国家資格です。
国家試験に合格しなければ、獣医師となれないのです。
ただし、外国で獣医師の免許を主としている場合には、申請することによって国家試験を免除される場合があります。
日本人が外国の大学の獣医学部に留学する例はほとんどありません。
動物が好きだと言うだけでは獣医師にはなれません。
きちんとした勉強をしなければならないのです。
日本で獣医学を学ぼうとする人たちにとって、その入学枠は非常に狭き門です。
募集定員が少ないからです。
自分が獣医師を目指そうとしても、大学に入れなければ、先に進めないのです。
そのために外国に留学すると言う手もあります。
しかし、それも決して楽な選択肢ではありません。
ケンブリッジ大学の獣医学部に入学した女性がいます。
数年前のことです。
英語力が必要なことは言うまでもありません。
動物のことについて、いろいろな機会を通して、知ることが大切なのですね。
受験勉強だけをやっていても、いい獣医師にはなれません。
まずは動物たちと触れ合うことです。
イギリスなどでも獣医学を目指す学生たちにとって、大学は狭き門だそうです。
それは世界中で同じ傾向なのでしょう。
日本の獣医師は給料が安いと言われていますが、それでも多くの人が獣医師を目指しているのです。
動物が好きなのです。
獣医師になろうと考える人は小さな時から動物のためにできることはないかと考えているようですね。
ほとんどの学生が中学くらいから、獣医師を目指しているのです。

 外国の獣医 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi